top of page
newsmain.jpg

お知らせ

NEWS & TOPIX

トウシューズのリボンの役割

バレエといえば爪先で立つトウシューズ。バレエを習っていなくとも、あの美しいデザインや「爪先で立って踊る」というバレエ特有の仕組みに憧れる方は多いです。




リボンの役割

このトウシューズには1足につき内側と外側にそれぞれ1本づつ、計2本のリボンが付いています。日本製のトウシューズはお店で購入する際に既にリボンが付いている場合がほとんどですが、一体何のために付いているかご存知でしょうか?

トウシューズのリボン

実はトウシューズのリボンは単なるデザインではなく、「土踏まずを引き上げて足裏のアーチを保つため」に付いています。


自分でカスタムしたトウシューズ

トウシューズの底(足裏)の部分をより自分の足裏と土踏まずにフィットさせるために、バレエダンサーは自分でカスタムしてリボンやゴムを縫い付けています。


トウシューズを履いて立つ

リボンとゴムが土踏まずの引き上げをしっかりサポートしてくれるように縫い付けると、美しく伸びた爪先のラインをお客様に魅せることができます。バレエダンサーにとって爪先は命。バレエは爪先を伸ばす芸術だからです。



自分にピッタリ合うトウシューズに

トウシューズを自分仕様にカスタムするためには、リボンを縫い付ける位置やゴムを縫い付ける位置、ゴムの強度にこだわることが重要です。立った時に足裏と土踏まずがトウシューズにフィットし、気持ち良く爪先が伸びて立ちきれると、より踊りやすくなります。どうかリボンとゴムにこだわり、自分仕様のトウシューズになるまで試行錯誤してみてください。



 

無料体験や見学も大歓迎!


ルイ・バレエでは、バレエ未経験の方も踊れる体づくりやバレエの基礎を学べるよう、丁寧にサポートさせていただきます。幅広い年代の方の基礎体力強化、お子さんの情操教育や集中力アップにもお役立ちいただけます。まずは気軽にカジュアルに、バレエの世界を覗いてみませんか。バレエ初心者の方、大歓迎です!


流山市のルイ・バレエ・アカデミーは江戸川台駅より徒歩3分、流山おおたかの森駅より車で12分!

無料体験レッスンを随時開催していますので、お気軽にお問い合わせください。

TEL:090-5423-7342

 


Comments


bottom of page