top of page
newsmain.jpg

お知らせ

NEWS & TOPIX

バレエの膝と爪先

バレエは膝と爪先をピンと張り、伸ばす芸術

バレエの美しい脚のラインを作る上で絶対に欠かせないことは、「バレエでは足指は曲げずに必ず伸ばす」ということです。力を込めて膝と爪先を固めるのではなく、のびやかに遠く、遠くへ押し伸ばします。



ピンと張られた膝と爪先により、最大限細く長く美しい脚のラインで魅せていきます。元々の脚のラインや骨格的条件がバレエ向きか否かは関係ありません。美しいバレエの脚のラインは、正しいレッスンの積み重ねにより地道に作り上げていくものです。



爪先の悪い状態と正しい状態

バレエシューズやトウシューズの中の足指も完全に伸ばしきります。バレエにおいて「足指を曲げる」という動きは存在しません。


足指が曲がった悪い例

足指が曲がって関節がボコボコ出ている悪い状態です。○のところの関節が曲がっていると、足指と連動して膝も曲がります。足裏も十分に筋力を発揮出来ず、美しい脚のラインを作り出せません。


正しい足指の伸ばし方

これが正しい状態です。足指の関節をしっかり伸ばしきり、物理的な足指の長さで終わることなく、さらに遠くへ遠くへ伸ばします。


美しい脚のラインを作る上で絶対に欠かせないことなので、普段のレッスンや日々のワークアウトからしっかり足指を遠くへ伸ばせるようにトレーニングしてみてくださいね。



 

無料体験や見学も大歓迎!


ルイ・バレエでは、バレエ未経験の方も踊れる体づくりやバレエの基礎を学べるよう、丁寧にサポートさせていただきます。幅広い年代の方の基礎体力強化、お子さんの情操教育や集中力アップにもお役立ちいただけます。まずは気軽にカジュアルに、バレエの世界を覗いてみませんか。バレエ初心者の方、大歓迎です!


流山市のルイ・バレエ・アカデミーは江戸川台駅より徒歩3分、流山おおたかの森駅より車で12分!

無料体験レッスンを随時開催していますので、お気軽にお問い合わせください。

TEL:090-5423-7342

 


Comentarios


bottom of page